第29回「講座・住職学」案内




 開催日程 令和元年年10月29日(火)12:30受付 〜30日(水)12:00閉会式
 会 場   摩頂山 国泰寺
 会 費   25,000円(講義・薬石・宿泊) ・ 20,000(講義・薬石) ・ 10,000(講義のみ) ※当日受付にお納めください
 主 催   臨済宗青年僧の会
 共 催   摩頂山 国泰寺  国泰寺専門道場  妙心寺派滋賀北陸教区
 テーマ   「日日是好日」  〜つねに新しい瞬間〜




日程(案)
1日目 10月29日(火)
2日目 10月30日(水)
  12:30 受付
  13:00 開講式     
  13:15 第1講座 澤大道 管長猊下
  14:30 第2講座 橋友峰 師
  16:00 業者の紹介 国泰寺諸堂拝観
  17:00 ホテルへ移動
  18:00 開浴
  18:30 懇親会
  6:00 開静
  7:00 粥座
  8:15 国泰寺へ移動
  8:45 第3講座 本林義範 師
 10:30 第4講座 森下典子 氏
 12:00 閉講式 ・ 解散





講師紹介





臨済宗大本山国泰寺派管長
澤大道(さわだいどう)老大師


室号は虚室

昭和22年4月27日生まれ兵庫県豊岡市出石町出身
昭和46年4月相国寺僧堂に掛塔
昭和59年北京大学に留学
昭和63年9月国泰寺派管長に就任

長年に渡り自らが団長となり、中国の祖師のゆかりの地を巡拜。訪れた寺院数は200以上にも及ぶ。







大安禅寺住職 橋友峰

昭和23年1月25日福井市生まれ
昭和45年京都大本山妙心寺花園大学仏教学科を卒業

兵庫県西宮市の海清寺僧堂で6年間修業後、平成元年1月大安禅寺(福井市)の住職に就任。

ユニークなアイディアと楽しい法話で坐禅指導・特別法話と県内外を問わず幅広く活動を広め、住持する大安禅寺の諸堂復興に尽力してきた。平成
23年にには、寶勝寺(金沢市)の兼務住職に就任。禅画や墨蹟の創作活動にも力を入れている。現在臨済宗妙心寺派滋賀北陸教区宗務所長を
務め青少年育成や地域活動に向けての布教活動に坐禅指導、また墨蹟禅画の個展にと多忙な毎日を送っている。








全生庵副住職 本林義範師

昭和41年東京生まれ。
平成7年早稲田大学大学院文学研究科東洋哲学専攻修士課程修了。

大学在学中は古流剣道と禅に傾倒。「禅剣一如」という観点から山岡鉄舟に関心を持ち、その後高校社会科教員、精神保健福祉士の資格を有し
福祉系業務に就きながら研究を続ける。そして鉄舟ゆかりの全生庵での史料調査が縁で平井正修住職に師事し、静岡県龍澤寺専門道場を経て、
副住職を稟承する。

現在、各地の山岡鉄舟展での全生庵所蔵鉄舟史料の展示に携わり、寄稿や講演も行っている。







森下典子 氏 「日日是好日」著者

1956年、神奈川県横浜市生まれ。日本女子大学文学部国文学科卒。大学時代から「週刊朝日」の連載の人気コラム「デキゴトロジー」の取材記
者として活躍。その体験をまとめた「典奴どすえ」を出版後、ルポライター、エッセイストとして活躍を続ける。

16年に渡るロングセラー『日日是好日「お茶が教えてくれた15のしあわせ」(新潮文庫/飛鳥新社)』は2018年に映画化される。

映画化に合わせて続編となる『好日日記 季節のように生きる』(パルコ出版)が出版される。他にも『前世への冒険ルネサンスの天才彫刻家を追って』
(光文社・知恵の森文庫)、『いとしいたべもの』『こしいたべもの』(共に文春文庫)、『猫といっしょにいるだけで』(新潮文庫)などがロングセラーとなって
いる。







申し込み方法
下記の申込用紙をクリックするとPDF形式のパンフレットをご覧いただけます。必要事項を記入の上、FAXまたはメールでにてお申込みください。


こちらをクリックするとパンフレット(PDFファイル)をご覧いただけます。